Top
箕面インターナショナルキッズアートスクールのおえかきレッスン

お絵かき/美術

土曜日 14:00 - 15:30 / 17:30 - 19:00

1歳を過ぎて好奇心旺盛になる頃、クレヨンや鉛筆を初めて握る子も多いのではないでしょうか。お絵かきは子どもにとって、「ひらめく力」「創造する力」「伝える力」を育む良い方法であります。子どもたちの描いた絵には、それぞれの「今」が表現されているといえます。

柔軟な頭を使って、色んな色や紙で表現しようとする子どもの様子をきちんと見てあげましょう。子どもはお絵かきを通して、様々なことを学び、心身を成長させていくのです。好きな色のクレヨンや色鉛筆やペンを手に描く、自由でのびのびとした線は、そのとき限定の絵であり自己表現です。たとえ形をなしていなくても、そこには “子どもの心” が宿っています。

子供の発達段階における絵の表現は以下の六つに分けられます。1.擦画期(1歳〜2歳)。2.錯画期(〜3歳)。3.象徴期(3〜4歳)。4.カタログ期(3〜5歳)。5.図式前期(5歳〜6歳)。6.図式後期(7歳以上)。当スクールは象徴期から図式後期まで、お子様の発達段階に個々の発達段階を見て、時期にあった指導をしていきます。

レッスンの構成

子供の年齢によって、レッスン時間は60分〜90分になります。お話と練習(基礎知識と基礎練習)、作画(実技の練習)、絵遊び(実技の応用)の3部構成しています。絵を描くことに通し、色や形を「見ること」から思考を始め、思考することによって色や形を作り出す行為を生み出し、その連続した営みの中でお子様だけの世界は生まれていきます。好きな絵を描き、絵が好きなまま自分を追求させましょう。

小さいお子様ならば指先のトレーニングが脳の発達を促す効果があります。たくさんお絵かきをした子は文字の習得も早い傾向にあるそうです。成長に連れ、絵を描くことにより、観察力や空間認識が強くなり、図形の問題に有効的と、学力の面でもメリットを発揮します。

小さい頃、絵を描く行為は感情表現が多く、同じ絵でもその時の感情により、同じに見えてもそれぞれ違います。上手か下手というより、純粋に楽しみながら習い事を続けることは大事です。大人の主観的の意見は子供の発想力や創造力を阻むこともありますので、暖かく見守りましょう!

あります。当スクールは年齢ごとにクラスを分けており、小学校以後の美術学校の進学を目指している子供にデッサンや造形の基礎に重点を置いたデッサンとアクリル画のレッスンを用意しております。詳細はお問い合わせ下さい。

はい、あります。当スクールでは毎年の全日本学生美術展と目指せ!ルーヴルこども絵画コンクールをエントリーしています。生徒の特性に合ったコンクールも提案します。参加は自由です。お子様にとって「自己肯定感を育む体験」ができる貴重な経験です。ご機会があれば、是非チャレンジしていただきたいと思います。

本部
大阪府箕面市箕面森町南2-1-24
お問い合せ:
09066655345
アクセス:
支部
大阪府大阪市旭区大宮1丁目4-3-205
お問い合せ:
09066655345
アクセス:
スケジュール
本部
土曜日:14:00 - 15:30
土曜日:17:30 - 19:00
支部
日曜日:10:30 - 16:00
講師
時実 遊費
お問い合せ:
09066655345
経歴:
http://www.mino-ikas.com/teachers.html
お問い合わせ

Let's join the To the world of study and art now!

当スクールはお子様のレベルを併せてグループと個人レッスンに通し、芸術に触れることで子どもたちの情操を豊かに育み、創造性を高めることの手伝います。